真珠腫性中耳炎についてのページを説明

真珠腫性中耳炎について

この病気は鼓膜に穴が開きます。
慢性の場合は急性などを繰り返すことで、鼓膜の穴がふさがらなくなります。
滲出性の場合は、鼓膜の奥にある鼓室に液体が溜まります。


一方、真珠腫性中耳炎は、鼓膜が奥に入り込んでいきます。
そして、鼓膜が奥へ入り込むだけではなく、滲出性中耳炎から起こることもあるといわれています。
真珠のように輝きを帯びた、炎症を起こした真珠腫(しんじゅしゅ)と呼ばれるものが、
鼓膜の奥の骨を溶かしてしまうので、ほかの場合とは違い、非常にやっかいだと言えます。
難聴だけではなく、めまい、耳鳴りを伴い、さらには顔面の神経が麻痺したり、
髄膜炎という恐ろしい病気になることもあります。


治療法は手術しかありません。
根源である真珠腫を取り除く手術ですが、万が一、取り残しなどがあると再発するので、
今は二回にわけて手術を行うことが主流となっています。

しかし、あくまでも真珠腫を取り除き、これ以上病気が進行しないようにするための手術であり、
すでに失われた聴力が回復するとは限りません。
また、手術を成功させるために、聴力を失うことを覚悟しなければいけない場合もあります。

手術後も、再発防止のために通院が必要であり、経過観察として根気強く病気と闘う必要があります。
急性、慢性、滲出性中耳炎のどれとも比べても、この真珠腫性中耳炎が最も重い症状であり、
聴力障害と直結していますので、できるだけ早い段階での処置が求められます。