子供の耳のケアのページを説明

子供の耳のケア

子供の耳を掃除するとき、必ず気をつけなければいけないことがあります。
それは、絶対に強くこすってはいけないということです。

子供は耳だけではなく体全体の皮膚が大人の皮膚よりも薄く荒れやすい状態です。
また、少しの刺激で赤くなったり傷がついたりします。
ですので、耳を強くこすったり、めん棒などでゴシゴシすると、炎症を超す可能性があります。


子供の耳掃除は、月二回程度のペースでよく、
毎日毎日、めん棒を使って掃除をする必要はありません。
特に、お風呂からあがったあとなどに「耳垢がよくとれる」と、掃除するのは非常に危険です。
お風呂上りは、汗で耳の中も濡れていて肌が敏感になっています。
もしもお風呂上りに処理をしたいのであれば、耳の内側をそっとふき取る程度で大丈夫です。

耳の外耳と呼ばれる部分は、耳へ入り込むゴミなどを外へ出す役目をしていますので、
耳あかも、自然と外へ出てくるようになっています。
逆に無理矢理綿棒を鼓膜付近まで押し込むことは、
外へ出ようとしている耳あかを押し込んでしまう形になりますので、危険です。


耳掃除の際、暴れてしまう子供の場合は、あやまって鼓膜を傷つけることがありますので、
耳鼻科で耳掃除をしてもらうことをお勧めします。
「中耳炎でもないのに、耳掃除だけで受診するなんて、気が引ける」
と思わずに、耳を傷めてしまう前に、定期的に受診することをお勧めします。
耳鼻科を受診することで、耳垢のタイプもわかります。

ポロポロとこぼれる水分の少ない耳垢ではなく、ベトベトとした耳垢もあります。