急性中耳炎についてのページを説明

急性中耳炎について

急性中耳炎は子供に多い耳の病気です。
症状としては、耳の奥が痛い、発熱する、耳が重苦しい、聞こえにくい、などがあげられます。

また上手に話すことができない年齢の場合は、
しきりに耳をいじったり、わけもなく泣き続けることがあります。


この病気で誤解されているのは、耳からバイ菌が入ったり、
耳からプールの水が入ったりお風呂で水が入ったりすることが原因ではないということです。
原因は、実は「鼻」です。

人間の耳と鼻はつながっています。
子供の場合は、耳と鼻をつなげている耳管(じかん)と呼ばれる管が、大人よりも短く太いため、
鼻を通じて細菌が入り込みやすいのです。
鼻水が出ている場合は常に急性中耳炎になる可能性がありますので、
風邪を引いている場合、鼻炎の症状がある場合、
花粉症や蓄膿症などである場合は日常的にこの病気になる可能性を秘めています。


「耳が痛い」と伝えることが出来る場合は早期に発見できますが、
そうでない場合は、保護者が観察しなければいけません。
発熱することがほとんどなので、風邪と間違えやすいのですが、
急性中耳炎による発熱の場合には、小児科に行っても気が付かない場合があります。

ですので、風邪だと思っても、
熱が収まらない場合は急性中耳炎を疑い、耳鼻科へ行く必要があります。
特有の症状としては、耳をしきりにいじったり、頭を左右にふるなどあります。

そのような時は、特に何もしてあげられることがないので、
耳の後ろを冷やす程度で、安静にさせておくしかありません。