赤ちゃんの中耳炎の治療方法のページを説明

赤ちゃんの中耳炎の治療方法

赤ちゃんが中耳炎になった場合は、特に治療法として特別なものはありません。
ただ、急性中耳炎で鼓膜の奥に膿が溜まっている場合、
この膿が外に出てこないとずっと痛いままなので、
痛みを和らげるためにも、鼓膜を切開することがあります。


鼓膜を切開すると聞くと、小さな赤ちゃんに対してとてもかわいそうなことだと思えますが、
そんなことはなく、逆にずっと痛いままのほうが赤ちゃん自身が大変です。
鼓膜の自然治癒力は非常に高く、切開してもすぐに鼓膜自身で元に戻ろうとします。

薬は抗生剤などを処方されますが、根本的な原因である風邪症状を取り除かないことには、
中耳炎も治癒するどころか、慢性化する可能性が高いので、
まずは風邪症状をしっかりと治すことに集中します。
せっかく鼓膜を切開して膿を外に出して痛みを取り除いたとしても、風邪症状が治まらなければ、
鼓膜が元に戻ろうとしている時にまた鼻や喉からの細菌によって炎症をおこし、
鼓膜がふさがらなくなります。

これが慢性中耳炎です。


慢性になると、鼓膜の穴がふさがらない状態が続くので、
鼓膜で上手に振動を受けることができなくて、音が聞こえにくくなります。
呼んでも反応がない、音がするほうに振り向かないなどの症状が見られることがあります。

ですので、そういった場合は、処方された薬を全部飲ませるだけではなく、
その後も耳鼻科での診察を受ける必要があります。
また、乳児は1歳未満でこの病気にかかった場合、繰り返してなることが多いので、
定期的に耳鼻科を受診してください。