飛行機と中耳炎の関係のページを説明

飛行機と中耳炎の関係

飛行機に乗ったとき、その特殊な状況から、一時的に中耳炎になることがあります。
飛行機内は気圧の変化が激しく、特に離陸と着陸の時は急激に変化します。
この急激な圧力が、鼓膜の手前の外耳と鼓膜の奥の内耳部分が、鼓膜を挟んで引っ張られてしまいます。
これにより、中耳炎になります。


いわゆる航空性中耳炎というものですが、
通常は飛行機から降りて数時間すればもとの鼓膜の状態にもどりますが、
まれに痛みをともなったり、それが数日間も続くことがあります。

しかし、これは大人に言えることで、子供の場合は例外です。
中耳炎は子供に多い病気なのですが、航空性は、気圧の変化によるものなので、
子供は影響を受けにくいとされています。

ただし、すでに風邪を引いている状態や鼻炎などである場合は、
飛行機が引き金になって発症する場合がありますので、注意してください。

また、中耳炎の治療中である場合は、飛行機に乗ることを主治医に相談する必要があります。
着陸時など、急激に気圧が変化するときに、
子供にはジュースを飲ませるなどすると割と対応できることがあります。


いずれにしても、飛行機に乗ったあとに、
耳の痛みが引かない場合には、急性になっている可能性があります。
痛みは引いても聞こえが悪い場合には、
滲出性になっている可能性がありますので、耳鼻科を受診してください。
また、飛行機に乗る場合には、耳抜きができるようになっておくと良いでしょう。
つばを飲み込んだり、ラッパや学校と発音すると耳の通気がよくなります。