耳に水が入ると中耳炎になる?のページを説明

耳に水が入ると中耳炎になる?

お風呂に入ったとき、シャンプー時に耳にお湯や水が入ったり、
プールの水が耳に入ると中耳炎になると思っている方が多いのですが、これは間違っています。


中耳炎の原因は、耳から入ってくる水やウイルスではありません。
あくまでも、鼻や喉から入ってくるバイ菌が原因です。

ですので、プールやお風呂の水は一切関係ないと思ってよいでしょう。
ですので、耳に水が入ったからと言って、
耳や鼓膜にに炎症が起こるかもしれないと耳を奥までごしごしこすったり、
無理矢理綿棒で水をかきだそうとしても、逆効果です。
むしろ、外耳と呼ばれる部分を傷つけることになり、そこから細菌が入り込み、
中耳炎ではなく外耳炎になってしまう可能性があります。

中耳炎は、鼓膜の奥で起こるものなので、鼓膜に穴が開いていない限り、
つまり正常な鼓膜であれば外から耳に水が入っても中耳炎にはならないのです。
ただし、鼓膜に穴が開いている状態で、鼓膜の奥へ水が入った場合には、
耳の病気になることがあります。
ただし、普通は、そこまで水が奥に入り込むことは潜水などをしない限りあまりありません。


また、生後まもない赤ちゃんの沐浴の際に、必死に赤ちゃんの耳を気にして、
ちょっとお湯が入った程度で、赤ちゃんの耳をガーゼなどで奥までこする場合がありますが、
これは逆に耳を傷つけますのでやめたほうが良いです。

沐浴の際にお湯が耳にかかった程度で、耳の奥までお湯が入り込むことで、
鼓膜に炎症が起きたりすることはありませんので、ご安心ください。