耳のしくみ(外耳、中耳、内耳)のページを説明

耳のしくみ(外耳、中耳、内耳)

耳の構造についてですが、「耳」と一言で言っても、部位によって名称も役割も異なります。
また、目に見えない部分で重要な役割をする部位もあります。


まず、外側から判断できる、耳たぶ部分は、【耳介(じかい)】と呼ばれ、
音を聞く役割は果たしませんが、方向感覚に役立っています。
この耳介から鼓膜までつなげている道を【外耳道(がいじどう)】と言います。
外耳道は音の元である振動を鼓膜に伝える通路の役目をします。
耳介、外耳道、この二つを合わせて『外耳』と呼ばれています。


次に、『中耳』と呼ばれる部分は、3つの器官からできています。
耳に入ってきた音の振動を一番最初に受ける部分で、次に伝える役割をする【鼓膜(こまく)】
そして、鼓膜の奥にある【鼓室(こしつ)】と、
【耳小骨(じしょうこつ)】と呼ばれる蝸牛に連結している器官があります。
中耳は、鼓膜、鼓室、耳小骨の3器官から形成されています。


最後の『内耳』は5つの器官から形成されています。
まずは【三半規管(さんはんきかん)】と呼ばれる体のバランスを取る器官です。
そして、三半規管と大脳皮質をつなぐ【前庭神経(ぜんていしんけい)】
鼓膜から伝わってきた振動を電気信号に変える役割をする【蝸牛(かぎゅう)】
蝸牛から発信された電気信号を大脳に伝えるための経路である【蝸牛神経(かぎゅうしんけい)】
鼓膜と鼻をつないでいる【耳管(じかん)】
この5つから内耳は形成されています。